わきがの臭気の特徴と周囲への影響について

わきがは通常の汗臭さとは異なる特有の臭気があります。また、わきがの臭気は汗腺の一種であるアポクリン腺から出た分泌液が表皮の雑菌に分解される際に生じるので、発汗量に関係無く発生するのも通常の汗臭さには無い特徴です。衣類に黄色いしみを作るのもわきがの特徴の一つなので、放置すると不潔な状態になってしまう問題があります。わきがの臭気は強い不快感を与えるので、対人関係に大きな弊害をもたらしてしまう可能性があります。自分ではわきがの臭気には気が付きにくいので日頃から清潔に保ち、臭気の発生を抑えることが大切です。わきがは自然治癒することは殆ど無いので、臭気が強くなったり衣類の汚れが頻発するようであれば病院で治療を受けるのが賢明です。

体に負担をかけないわきが治療の方法と金銭面の注意点

病院でのわきが治療はアポクリン腺の除去手術が従来の主流でした。分泌液を出す器官そのものを取り除くことで悪臭の発生を防ぐ効果が得られますが、大きな手術痕が残ってしまう問題があります。また、処置に不備があると体内に細胞が残ってしまい、日数が経過するとアポクリン腺が再生してしまいます。そのため、近年では汗腺の働きを弱める薬剤を注射してわきがの臭気を軽減させる治療方法が一般的です。薬剤の注射は短時間で済むうえに傷が残らない利点があります。体への負担も少ないので未成年や高齢の人でも受けられるのが利点ですが、その一方で薬剤の効果は一時的なものなので臭気の発生を防ぐためには定期的に注射を繰り返す必要がある点を注意します。治療費も嵩みやすいので、適切な金銭管理を行うのが家計を圧迫させないための重要な条件です。

わきがは脇の下に汗をかいてしまい、その汗が脇の下の雑菌と混ざり、臭いを発するようになることを指します。