体にあまり負担をかけず、リバウンドしないダイエットを目指す!

短期間での絶食ダイエットはあまり意味がない

ダイエットは単に体重を減らせば成功というわけではありません。体にあまり負担をかけることなく体重を減らし、体型をすっきりさせ、なおかつリバウンドせずに維持することができて、初めて成功といえるでしょう。では、そういった理想的なダイエットを行うためにはどうすればいいのでしょうか。

まず、無理のない期間を設定しましょう。たとえば、一週間で5キロ痩せるというのはかなり無謀ですし、実現させるために絶食して、たとえ5キロ落とすことができてもあまり意味がないことも少なくありません。なぜ意味がないのかというと、絶食によって体内の水分が抜けて体重が減っただけで、贅肉はそのままなので体型がまったく変わらないからです。

ダイエット期間は短すぎず長すぎないように

理想的なダイエット期間は人にもよりますが、だいたい三カ月程度に設定しておくのが無難です。あまり短いと無理なダイエットにつながりますし、長すぎると緊張感がなくなってリバウンドにつながることがあるからです。減らす体重も無理のないものに設定する必要があります。BMIで明らかに肥満と判定されているのであれば、三カ月で10キロ程度落としても大丈夫ですが、標準体重なのにそこから三カ月で10キロ落とすのは大変です。

ダイエット法としては、食事制限と運動の組み合わせが理想的です。運動をすることによって食事制限で生じるストレスを解消できますし、体に筋肉をつけられるのですっきりとした見た目を目指せるからです。ただ、あまりにも体重が重い場合、膝に負担がかかるので、まず食事制限である程度体重を落としてから、ウォーキングやプールでの歩行など、無理のない運動を始めるといいでしょう。

利用するダイエットクリニックによって、ダイエットのアプローチ方法が異なります。そのためクリニックの特徴を比べて、自分に合ったクリニックを選びましょう。