脱毛は処理後のスキンケアも大切!美肌を保つ上手な脱毛を心がけよう!

脱毛処理で生じる肌トラブルと原因の詳細

無駄毛を人為的に取り除く脱毛処理はカミソリや毛抜きを使う手軽な方法から、専用の薬剤やレーザー機器を使った専門性の高い方法まで様々です。脱毛処理の方法はそれぞれ長所と短所がありますが、いずれの方法も単に無駄毛を除去するだけではなく処理後のスキンケアにも気を配ることが重要になります。脱毛は肌に強い刺激をもたらすので毛穴の周囲に炎症が発生して赤く腫れ上がることがあります。また、微小な傷が開いた毛穴に細菌が入り込んで強い痛みやかぶれなどの症状に見舞われるケースもあります。体毛が毛穴の内部で絡まる埋没毛は炎症によって表皮が腫れ、毛穴が塞がることで発生するトラブルです。そのため、脱毛後は速やかにスキンケアを行って炎症などの疾患を解消させる必要があります。

美肌を守る脱毛処理を行うための工夫

無駄毛処理による肌トラブルは症状が重篤化すると色素沈着や角質化など、治療が困難な状態に発展する可能性があります。一度変質した表皮は状態の改善に時間がかかることから、肌の不具合が発生しない脱毛処理を行うことが大切です。

肌トラブルを防ぐためには過度の脱毛処理を避けて刺激を減らすのが効果的です。特に脇や股間など表皮が柔らかい部位はわずかな刺激でも炎症や埋没毛などの肌トラブルが生じやすいので、脱毛の方法にも気を配る必要があります。エステサロンなどの施設では脱毛と併せてスキンケアを行う所もありますが、保湿剤などの薬剤を使う際は肌質に適した物を選ぶように心がけます。また、一度脱毛処理を施した部位は刺激に弱くなっているので、再度の脱毛処理は十分に時間を置いてから実施するのも肌の保護に繋がります。

全身脱毛をするにはお金も時間も足りない場合、エステサロンなどで脇や背中など部分を脱毛することもできます。